CINEMA PLANNERS > スタッフ募集 > 眞田康平監督長編映画『ピストルライターの撃ち方』スタッフ募集

眞田康平監督長編映画『ピストルライターの撃ち方』スタッフ募集

投稿日時:2021/09/26 16:43:50
投稿者:狼少年
募集地域:全国
締切:2021/10/20

ご閲覧いただきありがとうございます。
この度、眞田康平監督作品 長編映画『ピストルライターの撃ち方』の映画制作を手伝っていただけるスタッフの方々を追加募集致します。
企画スタート時より大規模撮影が予想される為、再度募集をさせて頂きたいと思います。
制作、音響、照明、美術、メイク、各分野で募集をかけさせて頂きたいと思いますのでよろしくお願い致します。


作品名 : 『ピストルライターの撃ち方』
監督 : 眞田康平
作品尺 :120分(長編映画)
完成予定 : 2021年12月(完成後、国内外の映画祭への出品予定)

◯監督プロフィール
眞田康平
1984 年石川県生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科監督領域修了。 監督、脚本、編集エディター。 主な監督作品に、東京藝術大学大学院映像研究科修了作品として監督した『しんしんしん』(11)。 同作は、渋谷ユーロスペースをはじめとした全国 10 館で劇場公開。NIPPON CONNECTION 参加。
『イカロスと息子』(15)にて、ゆうばりファンタスティック映画祭ショートフィルム部門で 審査員特別賞受賞、大阪アジアン映画祭参加。 ndjc2018『サヨナラ家族』(19)にて、大阪アジアン映画祭 2019、JAPAN CUTS2019 参加。


◯あらすじ
遠くない未来、地方で再び原発事故が起こった。しかしその隣町では一見変化のない生活が続いている。達也は、その町のヤクザ・大滝の下で、全国から立入禁止区域の除染作業員をタコ部屋まで運ぶバンの運転手をしている。ダサいピストル型ライターで煙草に火をつける残念なチンピラだ。そこに人を轢いて刑
務所に入っていた親友の諒と、出稼ぎ風俗嬢のマリが転がり込んできて、行き場の無い3人の共同生活が始まる。

◯企画意図
福島の原発事故から 10 年が経ち、何が残って何が変わったのだろうか。一部復興が進んだ事は確かだと思う。しかしその一方で、廃炉、除染、帰 宅困難地域など、パッと考えただけでもすぐに解決できない問題は山積みで、それは延々と先送りされ続けている。原発問題は全て差別構造だと いう。「原発ジプシー」から 40 年。時代は変わったが実際現場で働く作業員は孫請け、曽孫請け(果ては 8 次請けまで)は当たり前で、ヤクザが 中抜きをしているという記事を読み、何も変わっていない闇があると興味を持ったのがきっかけだった。原発や放射線そのものに対する恐怖より、 人間の愚かさが生み出す構造の方が恐ろしい。それを映画に出来ないかと考えた。この映画のテーマを一言で表現すると「人間の尊厳とは何か?」である。かつて村上春樹は原発に関して、人間の尊厳をないがしろにしてまで優先される効率(利益が上がるシステム)とは何かと語った。私たちの当たり前の生活、ふとした幸せや居場所を犠牲にしてまで経済や誰かの事情が優先される、それは原発だけでなく今この国で頻発しているいろいろな問題と重なって来るはずだ。特に居場所について、失われ続けている土地がいまだにあることを私たちは忘れてはいけない。今日本に生きているならば、それを物語らなければと思った。しかし、かといって社会的な肩ひじ張った映画を撮ろうという気はあまり無い。自分が撮りたいのは、その辺境で生きて行く人間その
ものである。原発の周辺でヤクザの使いっ走りをやっている男と、ムショ帰りの親友と、流れてきた風俗嬢の三角関係のような疑似家族のような、そんな共同体の再生と崩壊を元にした人間臭い物語を描きたいのだ。圧倒的な力(権力、金、原発)のその周辺で、飲み込まれ、翻弄され、使い捨てにされ、自分より下を見て自分を慰め、せめて人並みに生きたかったのにと呟いて酒を飲む人々。その人間模様を通して、人間の尊厳とは何かを考えていく。主人公は、搾取の中間にいる。嫉妬や歪んだ承認欲求やら何やらで、人は簡単に道を踏み外し、本心とは裏腹な事をひきおこしてしまう。この物語は悲劇で終わるかもしれない。それでも、その生き様を、その不恰好な人間性をそのまま描ききりたい。


◯応募方法
下記を添付または記載の上、タイトルを「スタッフ応募」として、以下の詳細を本文もしくは
PDFにまとめてお送りください。
メールアドレスpistol.uchikata@gmail.com
・氏名
・年齢
・応募職種
・現地撮影参加可能日程
・応募理由
・経験

〈応募の流れ〉
メールにて応募(一次審査)

Zoomによる面接(二次審査)…10月上旬

採用発表         …10月下旬


◯撮影スケジュール
11月15日〜11日24日(予定)

◯撮影ロケ地
宮城県

◯出演料
交通費+ギャランティーをお渡しさせていただきたいと思います。要相談。

◯コロナ対策
現在いる撮影スタッフ全員はワクチン接種を完了してます。
接種は個人の自由なので強制ではありませんが応募の方々もワクチンを受けて頂けましたら幸いです。




当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

掲載者情報

掲載者『ピストルライターの撃ち方』製作委員会
担当者津田有
応募・問合せ先pistol.uchikata@gmail.com
その他情報
応募・問合せ ※ご利用の端末に設定されたメールソフトが開きます。

最新の投稿

[映画][スクール / ワークショップ]
BNAW主催 レペテション&センソリー 秋冬【12回コース】
投稿日:2021-10-23 03:31:37
[映画][キャスト / 役者募集]
[急募] 卒業制作「此処じゃない何処か」 主役(10代後半から20代前半)募集 締切10/25!
投稿日:2021-10-23 01:33:33
[映画][キャスト / 役者募集]
主演男優募集!【短編ホラー / 映画祭出品】
投稿日:2021-10-23 00:33:24
[映画][キャスト / 役者募集]
AFTER 2作目自主制作映画 キャスト追加募集!!
投稿日:2021-10-22 22:44:13
[映画][宣伝・PR]
オリジナルアニメを公開します
投稿日:2021-10-22 22:11:20
[映画][スタッフ募集]
オリジナルアニメ制作 仲間募集
投稿日:2021-10-22 22:01:45

クラウドファンディング